気ごごちのいい家
気ごこちのいい家

稲沢モデルハウス

 

東匠の建築技術とエネテクの電気技術を融合した、現時点で提供できる最高品質の家が稲沢モデルハウス。
こだわったのは、まず自然素材。
できるだけ身体に悪いものを排除し、塗り壁は火山灰、木材も有機溶剤のない塗料で仕上げました。
そして高レベルの高気密高断熱で温度差、温度変化が少ない空間を実現しています。

稲沢モデルハウス 

東匠の建築技術とエネテクの電気技術を融合した、現時点で提供できる最高品質の家が稲沢モデルハウス。こだわったのは、まず自然素材。できるだけ身体に悪いものを排除し、塗り壁は火山灰、木材も有機溶剤のない塗料で仕上げました。そして高レベルの高気密高断熱で温度差、温度変化が少ない空間を実現しています。
リビング
リビング
キッチン
ダイニング
寝室
リビング
キッチン
ウッドデッキ
リビング
リビング
リビング
キッチン
ダイニング
寝室
リビング
キッチン
ウッドデッキ

ノウハウを詰め込んだ設計

東匠建設の豊富な実績から得た経験やアイデアを詰め込み、遊び心があって楽しく、快適な空間をつくりました。広大な空間としながら、温度差が少なく、また省エネ性能も優れた設計は、皆さんの厳しい要望にもお応えできる弊社の売りの1つです。
モデルハウス
img20190516150630948048.jpg img20190516150604323621.jpg img20190516150541233723.jpg

安心・安全・健康を追求

快適な空気環境のために、高気密・高断熱、熱交換、天然素材、床下空調など徹底的にこだわるとともに、耐震性などの強度にも配慮しました。

安心・安全・健康を追求

快適な空気環境のために、高気密・高断熱、熱交換、天然素材、床下空調など徹底的にこだわるとともに、耐震性などの強度にも配慮しました。
img20190516150630948048.jpg img20190516150604323621.jpg img20190516150541233723.jpg

開放的な空間

リビングやキッチンにいても家族とのコミュニケーションが取れる、開放的な大空間。また家事動線もしっかり考えました。
動画でイメージは伝わると思いますが、ぜひ現地でその快適さ、利便性を体感してください。
モデルハウス

 

モデルハウス間取り

自然素材で作られた回遊動線のある使いやすくて楽しい間取り

 

モデルハウス間取り

 モデルハウスの見どころ

 

こんな家があったらいいな!
と夢のあるアイデアが詰まったモデルハウスです。
見てナットクの間取りや工夫がイッパイ!!
 
〇床下空調 〇熱交換器 〇樹脂サッシ
〇広い家事ルーム 〇便利な家事導線 〇スッキプフロア
〇シラス壁 〇V₂H 〇宅配BOX
 
そして皆さんが気になる耐震性をはじめとして、
最新の技術で実現する安全、安心をご体感いただけます。
 
ぜひご自身の目でお確かめください。

108-tosho20190306.jpg 052-tosho20190306.jpg 102-tosho20190306.jpg  

 モデルハウスの見どころ

こんな家があったらいいな!と夢のあるアイデアが詰まったモデルハウスです。見てナットクの間取りや工夫がイッパイ!!
 
〇床下空調 〇熱交換器 〇樹脂サッシ〇広い家事ルーム 〇便利な家事導線 〇スッキプフロア〇シラス壁 〇V₂H 〇宅配BOX
 
そして皆さんが気になる耐震性をはじめとして、最新の技術で実現する安全、安心をご体感いただけます。
 
ぜひご自身の目でお確かめください。

108-tosho20190306.jpg 052-tosho20190306.jpg 102-tosho20190306.jpg  

アクセス

愛知県稲沢市下津南山2-2-24(JR東海道本線稲沢駅 徒歩5分)

0120-104-296

OPEN 10:00 CLOSE 18:00

モデルハウス来場予約、資料請求/お問合せ、レンタルスペースについてはこちらから

モデルハウス来場予約、資料請求/お問合せ、レンタルスペースについてはこちらから

モデルハウス来場予約
お問合せ資料請求
レンタルスペース
 
成松明弘・藤村諒のインタビュー

まずは稲沢モデルハウ「気ごこちのいい家」
誕生のいきさつをお聞かせください。

成松:はい。そもそものきっかけは、一昨年、東匠建設がエネテクホールディングスグループの一員に加わったことかと思います。それまで岐阜県の土岐市を中心に注文住宅に加えて、下請けとして数多くの家を造ってきました。合計すると年間100棟くらいですね。そこで、そのノウハウをフルに発揮するために自社での販売、建築にシフトしようということになったわけです。そしてそのスタートとして、稲沢にモデルハウスを造ろうということになったんです。

稲沢モデルハウス
成松明弘・藤村諒

最初からこのような家を造るというアイデアはあったんですか?

成松:いえ。自分たちの思うような家を造りたいと日頃から強く感じていたのですが、いざ、自由に造っていいよと言われると困ってしまいました。まあ贅沢な悩みですよね(笑)。電気工事や太陽光発電設備に長けたエネテクの協力も得られること、また《ZEH(ゼッチ)住宅をコスト面で諦めているお客様が多い》という調査データもあって、太陽光付きの住宅を安価に提供しよう。ということは決まっていたのですが、なかなか形にはなりませんでした。
 
藤村:私のところに相談していただいた頃にはもう少し方向が決まっていましたよね。
 
成松:ええ。他社さんのモデルハウスの全館空調がとても心地よいという社内の声があり、実際私も見に行きました。確かに素晴らしいものでしたが、何かが違う。重い感じと言いますか、機械の力だけで空気を作っていると感じたのです。また、24時間365日、空調の電源を入れておくというのは、多くの日本人には「もったいない」という感覚があって難しいとも思いました。スイッチを切ってしまうと結露やカビ、ダニの発生も起こるんですよね。そこで「機械と匠の技でバランスを取ろう」ということになったんです。シラス壁などの自然素材で心地よい空気感を作ろう、建築の匠と制御技術の融合という形に収まったわけです。
 
藤村:そのあたりで私にお話をいただいたわけですね。
 
成松:自然素材をデザインだけでなく機能面で活かす設計がマストでしたので、それができる設計士ということで藤村先生に白羽の矢を立てさせていただきました。今から思うと、先生には無理難題を投げかけていたかなと思います。
 
藤村:提案しがいがあるプロジェクトでした(笑)当初、方向性はなんとなく分かるものの、探り探りという感じでした。考え抜いてご提案したのが「気ごこちのいい家」。この名称が共通言語となり一気にプロジェクトが前進しましたね。
 
成松:先生の方で私たちの考えを読んでいただき、具現化できたのが大きかったですね。電気、空気の「気」、素材としての「木」も含めて「気ごこちのいい家」というコンセプトは大工さんにも理解してもらえたし、そこからは早かったですね。
 
藤村:まあ、時間的な余裕はなかったのですが、感覚的には余裕があったというか、皆さんの感覚がパチッと合っているという安心はありましたね。
 

そうして出来上がったのがこのモデルハウスなんですね。

藤村:このモデルハウスの見どころやこだわったところはイッパイあるのですが、お客様にコンセプトを体感、共感していただくことが一番の狙いでした。中に入っていただくと分かるのですが、玄関からダイニングそしてリビングへ続くフローリングは「ちょうな」と言われる工具で削ってある。素足で歩くと足の裏に伝わる感覚が非常に気持ち良くて。仕上げに自然素材を多用しているので空気感も気持ちいい。こういった感覚的に感じる部分をいかに良くできるかということに拘りました。まあもともと家というものは地場の材料で人の手で作っていたものが、便利な世の中になって、なんでも工業製品になってしまい、こういった手仕事はマイノリティになっています。でも、ここにくるとそれを体感できる。、例えば、このモデルハウスのリビングにいるのと、向こうの事務所(同じ敷地内の事務所棟)では、あの扉を挟んで別世界にいるように空気感が違う。これがこのモデルハウスで一番やりたかったことだし、多くの方に伝えたいというか、感じていただきたいことなんです。この、深呼吸したくなるような空気感。体感型というか、来なきゃわからない、見なきゃわからない、触らなきゃ分からない、でも来れば分かるというそういう部分がうまく出来たなっていう実感はありますね。

床下エアコン

素足で歩くと足の裏に伝わる感覚が非常に気持ちいい。
モデルハウス窓
デザインにもとことん拘った

東匠建設の家づくりのポイントの一つに「パッシブ思考」というワードがありましたが、これはどういうことですか?

成松:一言で言うと、自然エネルギーを上手に活用するための家づくりの考え方ですね。太陽光をうまく取り入れれば(発電とは別に)暖かくなりますし、窓を開けて風が抜ければ気持ちいい季節もあります。そういったパッシブな考え方も大切にしながら、先進技術の制御とうまく融合させているわけです。

なるほど。
この家に入って心地よさとともに、デザインがいいなと感じましたが、そのあたりのお話をお聞かせください。

 
藤村:デザイン的にこだわったところ、見どころは数多くあります。そこは実際に見ていただきたいところですが、一番大きなところは空間構成ですかね。このリビングも数字で言ったらさほど広くはないのですが、視界が抜ける家づくりを心掛けているので、数値以上の解放感が得られています。視界が抜けないとどんなに広くても広さ感じなかったりするものなのです。目線が突き抜けて向こうに行くというのは広がりを感じるんです。
 
成松:この家は、適度に何となく空間は仕切っているのですが、ほとんどワンルームみたいな感じでず~っとつながっていいます。それができるのは温熱環境がしっかりしているからなんです。いくら見た目が開放的でも、これで暑い、寒い、場所によって温度差があるというのでは決して快適ではありませんからね。
 
藤村:メリハリって大事なんですよ。北欧の名作の住宅があるんだけど、周りの大自然からいきなり玄関の天井がめちゃくちゃ低くて、狭い。一度人間のスケールになってから、扉を開けると天井が高くて視線が抜けるホールがバーッと開ける。そういう効果がすごく大事で、そういうのがやっぱ面白いというか。この家にもそういった感覚に訴える要素も取り入れています。空間デザインでも「心地よい」を狙っているというわけです。
 
成松:この家のデザインは、触ってみたいね、で中も歩いてみたいねっていう感覚を刺激するような要素もありますよね。
 
藤村:子供たちの反応は正直ですよね、ワー!キャーッ!ワ~!、すべり台?ナニコレー!!ってなりますよね。特にこの家の場合、素材感、人の手で仕事したっていう感じが全然違います。これもある意味デザインですよね。機能から来るものであったり、感覚に訴えられる物作りというか、住宅においてはデザインの考え方は重要です。店舗デザインとは違いますから、パッと見た第一印象、突飛なものを家においてもデザインとして持ってくるケースもあるけど、やっぱ長く住むっていうのは大前提ですからね。
 
成松:デザインというのは、どうしても「あ、かっこいいな」という精神的なところで捉えるんですけど、それは一時的な喜びであって、長い目で見るとほんとにそれが良いのって話があります。やはり安らいで、永くつきあっても飽きない家。この「気ごこちのいい家」のデザインには永く住んでもらいたいという思いもしっかり詰め込めていただき感謝しています。

 
モデルハウスキッチン

 
 
稲沢モデルハウスリビング

リビングから2階への階段脇には滑り台も
モデルハウス

何世代も住み続けられる家に。

成松:何世代も住んでいただけること考え、一生ものの板とか塗壁を採用しています。ビニールクロスや化学物質を多く含んだ新建材のものとはいろんな意味で異なります。もちろん、お金はかかるのですが、例えば二世代住んだら半分ってことになりませんかね。倍かけても、お父さんお母さんがいい家を建てれば、子供世代は無料の家に住まわせてもらって、まだまだ住めるよって話です。
 
藤村:当然、メンテナンスなども必要だと思いますが、メンテナンスのしやすさですとか、長い目で住める家というのがこれからの家造りと思うんですよね。高度成長の時代、そういうのは無くなってしまった感もありますが、今の人たちって、それに気づいているんじゃないでしょうか。本当の意味の豊かさに気づき始めている人たちってすごく多いんじゃないかな。
 

とはいうものの、家の価格は気になりますよね。

成松:このモデルハウスはお金かかってます(笑)いわばフルスペックですね。コストダウンというと言葉の響きはよくありませんが、例えば一部にビニールクロスや紙クロス、布クロスを使用するなど素材や仕上げを予算やご要望に合わせて変えていきます。ビニールクロスは悪の根源という人もいますが、ビニールクロスがすべて悪の根源というわけじゃなくて、家造りの考え方がまずいから悪の根源になる。これは結果の話なんです。お客さんの予算に合わせながら空気感をバランスよく作っていく、いい素材でお金かければもちろんいいのですが、いくらでもお金出せるわけじゃない。お客様の予算に合わせて、求める性能、うちの場合は「気ごこちの良さ」を予算に合うような形でバランスよく具現化できるノウハウがあるってことなんです。

モデルハウス

 
モデルハウスリビング

ぜひ、体感して欲しい。

藤村:この家のポイントは空気感なんです。森林浴に行って気持ちよくないという人はまずいない、究極はやっぱそこかなと思いますね。それに近づくために、自然素材を積極的に採用しました。ただこれは感覚的にしか分からない部分なのかもしれません。でもこういった感覚をもっと大事にしてお客様と共感したいですね。
 
成松:先生がおっしゃった感覚というのは皆さん持ってるんだけど、それをどういう風に表したらいいか、自分の快適というポイントはまずどこかというのを考えたことはないと思います。そのあたりを少しでも引っ張り出して、うまく組み立てて、プロデュースできるようにするというのは、私たちの大きなテーマです。
 
藤村:このモデルハウスはお客様がそれに気づくきっかけになると思うんです。数値では表せない心地よさをぜひ体感して欲しいですね。そして、この家には間取りや空間デザイン、細部のデザインなど短時間ではご紹介しきれないくらいの魅力やアイデアを詰め込みました。ぜひご自身の目で、いや、五感で感じでいただきたいですね。
 
成松:東匠建設とエネテクの技術、それに藤村先生の設計、デザインによって実現したこの快適な空間は、例えば10分間、中で過ごしていただければ、その心地よさを体感いただけると自信を持っています。その自信の現われの一つが、モデルハウスの無料開放です。これまでも多くの方にご利用いただいています。住宅の購入は考えていないという方も、気軽にお越しいただき「気ごこちのいい家」を体感してみてください。

 

 

HOME | モデルハウス

メールでの問い合わせ