スタッフブログ

電気自動車は安い!?走る蓄電池

稲沢モデルハウスの玄関横には、写真のように日産のリーフ(電気自動車)が停まっています。
ご覧のようにケーブルが繋がっていて、普段は家から車へと電気を送って充電しているんです。

東匠の家には太陽光発電システムが標準装備ですから、電気自動車の充電も太陽光で発電した電気を使うことができます。
発電した電気を家で使う、車に貯める。ということなんです。

そして、災害などの非常事態で停電が起こった場合には、この電気自動車から家に電気を供給することもできるんです。
これが最近よく耳にするV2H(Vehicle to Homeの略)なんですね。
分かりやすく言うと、車が蓄電池になるということですね。

蓄電池の高性能化、低価格化が進み、普及も拡大し始めていますが、まだまだお高いというのが現状です。

リーフはじめV2Hに必須な電気自動車やプラグインハイブリッド車(PHV)も高額なイメージがありますが、搭載している蓄電池(バッテリー)の容量に注目すると、実は「お値打ち」にも思えてきます。

どういうことかと言いますと、例えば、リーフですと40kwの蓄電池を積んだグレードで 3,243,240円 から。62kwのタイプでも 4,162,320円 から。 V2Hとして使うためには「V2H」スタンドのような車と家を繋ぐ設備も必要になります。決してお安い買い物ではありません。

一方、蓄電池の価格もこなれてきましたが、蓄電池と同じ容量の蓄電池を積んだ電気自動車比べてみると、なんと電気自動車の方が安いなんて場合もあるんです。
これって、電気自動車を選択すること=お値打ちで、しかも人が乗れて、荷物も運べる 蓄電池を手に入れる って考えられませんか?

太陽光発電設備があれば、停電時にも昼間の電気は確保できるかもしれませんが、夜間となると、それを貯めておく設備が必要です。その役目をするのが蓄電池です。
非常時の備え、安心と言うのはいわばプライスレス。
とはいうものの、家を建てる際には、他にもいろいろ出費が・・・。
そこで電気自動車を検討してみてはいかがでしょう?というお話です。

リーフの宣伝のような内容かと思われたかもしれませんが、電気を賢く使って、お得に、快適に暮らせる東匠の家に、電気自動車が加わることによって、さらに便利、快適、安心が増すということなんです。

稲沢モデルハウスには、太陽光発電システム、蓄電池、V2H、電気自動車、そしてスマートフォンで操作できる快適な設備が満載です。

東匠建設の稲沢モデルハウスでちょっと未来の生活を体験してみませんか?
皆様のお家づくりのヒントにしていただけると嬉しいです。

スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。