構造について

東匠の家は耐震等級3

デザインや間取りも大切ですが、耐震性や耐火性能、耐久性なども、家を作るにあたっては重要な、そして皆さんも気になるポイントだと思います。

東匠の家は、その点においても十分安心していただける家となっています。

耐震の等級は住宅性能評価機関が評価する最も厳しい基準=耐震等級3の基準をクリアした仕様。また、全ての棟にて耐震等級の計算を行います。

制震装置(TRCダンパー)

地震エネルギーを「吸収」して揺れを抑えることで建物の変形を低減。 くり返す余震にも高い効果が望めます。

構造用耐力面材

天然素材「土壁・木」を進化させた理想の建材です。天然素材の鉱物が主成分、有害物質を含みません。火災に強く、木のような粘り強さで地震の揺れや台風圧なども受け止め建物を守ります。

ZEH基準の家

断熱性能により、ZEH基準からG1・G2仕様へのグレードアップが可能。また、全棟C値測定を実施。

模型実験で見る、TRCダンパーの効果
東匠の家は右の耐震ダンパーを採用しています。