スタッフブログ

住まいの防犯

 1軒の家に窓はたくさんありますから、つい閉め忘れの窓もあって、そこからどろぼうに入られるケースがあります。小さな窓や高い位置にある窓でも、戸締まりをしっかりしておきましょう。とはいっても、窓はどろぼうの侵入口としてもっとも多い場所です。サッシ窓の錠は、クレセントという単純な仕組みのものなので、ガラスを部分的に割って手をさし入れ、かんたんに開けることができるのです。これを防止するためには、サッシの上枠や下枠につけられる補助錠でしっかり締めておけば、クレセントをはずしてもサッシが開かずどろぼうがあきらめてしまう可能性が大きくなります。また、ガラスそのものが簡単に割れないように、特殊な膜をはさんだ防犯用の合わせガラスにするとさらに効果的です。
 大きな窓には雨戸やシャッターをつけたり、高い位置の窓や小窓には頑丈な面格子をつければ、どろぼうが入りにくくなるようです。

                 (親子の住まい方教室より抜粋)